さまざまな場面に合った歯医者で抜歯をする際の麻酔の種類

>

大掛かりな治療時で使用する麻酔とは?

大掛かりな治療では全身麻酔

顎関節症治療を兼ねて親知らずを抜歯する場合や、インプラント治療をするために複数の歯を抜歯する際は外科治療が必要となります。場合によっては長時間となり、体力面や精神面での負担が大きくなりかねません。その場合は、全身麻酔の方法により治療を行います。

たとえ治療中でも麻酔の効果がある時は痛みと意識がない状態なので、痛みに伴うリスクが出ません。歯科医側も円滑に治療を進めやすくします。特に気分が高揚して暴れる患者さんには、安心して治療を受けやすくする効果を発揮するでしょう。

ただし、予め血液検査やレントゲンなどで全身の健康状態の確認をしたうえで進めます。健康状態によっては、全身麻酔を受けられません。その他、治療前には飲食の摂取ができないため、生活の制限は掛かります。

長時間でも効果があるのか?

全身麻酔による抜歯の治療をする場合、吸入麻酔薬や静脈麻酔のような脳に作用するものを投与します。1分以内に効果を発揮して、意識が無い状態で治療をする流れとなります。麻酔が切れそうな時でも手術中は都度投与する場合が多いので、痛みが出る心配はありません。

手術が終わり麻酔薬の投与を終えると、30分以内には目が覚めます。身体が自由に動かせる段階になれば、器官に入った管を抜いたりなどで安静にします。

外科治療を終えた後は、少なからず痛みが出ます。特に複数の歯を抜歯した後は、大きな痛みが出るかもしれません。その場合でも飲み薬や点滴を体内に投与すれば、痛みの軽減ができるでしょう。なお、外科治療後数日の入院は必要ですが、症状の回復をしたうえで健康面に問題が無ければ退院となります。


この記事をシェアする