さまざまな場面に合った歯医者で抜歯をする際の麻酔の種類

>

実は歯科麻酔の種類は多彩

虫歯や歯周病治療と麻酔

虫歯や歯周病治療において、痛みの軽減を図るために麻酔を投与します。さまざまな方法がありますが、麻酔の効果や打つ流れはそれぞれ異なります。

歯茎に麻酔を塗り、表面の感覚を麻痺させるのが表面麻酔法。歯茎に麻酔針を刺すのに抵抗がある人でも、不安を抱く心配がなくなります。ただし、抜歯の場合はこの方法だけで麻酔が終わることはありません。

歯茎に麻酔を投与するのが浸潤麻酔法。殆どの歯医者が使用している方法です。近年では極細の麻酔針を使用しているケースがあり、大きな痛みは出ないはずです。

親知らずの抜歯をはじめ、麻酔が効きにくい所に麻酔を投与します。最大半日効果が持続するため、治療やその後の痛みに不安がある人も心強さを得られます。しかし、効果が強い分、麻酔の効き目がある間は食事やアルコール摂取を控えてください。

麻酔の役割と切れた後の対処法

虫歯や歯周病治療時に抜歯をする場合に麻酔を投与しますが、治療中は少なからず痛みが出ます。人によっては痛みが出ることで気分が高揚して暴れるなどの行為を起こします。予め患部に麻酔を投与することで痛みを和らげて、安心した状態で治療をする効果を発揮します。

因みに麻酔の効果は数時間程度なので、麻酔が切れた後に痛みが出る可能性があります。歯科医によっては痛み止めを処方してくれるので、麻酔が切れる前に服用してください。それでも、痛みが出る可能性があります。冷たいタオルを患部に当てて、腫れや痛みの軽減を図りましょう。ただし、冷やしすぎたり氷タオルの使用をすれば血液の循環が悪くなり、治療効果を下げてしまいます。親知らずを抜歯した時は、ガーゼを噛んで止血をするのがオススメです。ガーゼ交換は30分から1時間おきが良いです。


この記事をシェアする