さまざまな場面に合った歯医者で抜歯をする際の麻酔の種類

通常の虫歯治療でする麻酔とは?

歯医者で矯正や虫歯治療を受ける際に抜歯をする場合があります。その時使用する麻酔について、どのようなイメージを抱いているでしょうか。各種確認を行い、治療時のイメージを深めていきましょう。

虫歯治療のような歯茎に直接注射を打ち、麻酔の効果を出すのが局所麻酔。患部に麻酔薬を作用させて、一時的に抜歯時の痛みをなくすのが目的です。

人によっては、抜歯時に歯を削る音や薬品の臭いに対して抵抗感を持つ人がいます。その場合だと精神鎮静法により麻酔を打ちます。リラックス効果の高い麻酔を投与して、眠気のある状態で抜歯などの治療が受けられます。歯科治療に恐怖心や抵抗感がある人には、オススメの方法です。

インプラントや顎関節症のような外科手術が必要なケースであれば、全身麻酔による方法を採用します。眠った状態かつ痛みが出ないようにするのもありますが、興奮して暴れるのを防ぐ効果も発揮します。安心安全に手術をするために麻酔を投与するのが目的の1つです。

なお、麻酔の効果は通常の虫歯治療で使用する場合は1時間から3時間、親知らずの抜歯や顎関節症治療のような痛みが出やすいものは比較的長めに効果が出るものを使用します。

歯科治療で各種麻酔を投与した後の注意としては、食事や熱い飲み物を摂取すれば皮膚感覚が鈍っているため、火傷や噛むことによる怪我に気づかない可能性があります。アルコールの摂取も、血行促進の効果が出ると出血量が増えたり傷口を深める原因となりかねません。少なくても、食事などの摂取は麻酔の効果が切れた後にしましょう。また、歯科医や衛生士からの指導には従ってください。

実は歯科麻酔の種類は多彩

虫歯や歯周病のような通常の歯科治療において、痛み軽減を図るために麻酔を投与する場合があります。歯茎に注射を打つ以外に患部に麻酔を塗るなど、歯医者によってさまざまな方法をとっています。各種確認を行い、たとえ抜歯が必要な時でも歯科治療への不安を除去できるとスムーズな治療に繋がるはずです。

矯正治療でも麻酔を使用する場合あり

矯正歯科治療において、歯並びを綺麗にするために抜歯が必要なケースはあります。その際に使用する麻酔や治療の流れについて紹介します。歯科医から抜歯をすると言われたら不安を抱くかもしれませんが、確認を行い不安をなくした状態で治療を受ける切っ掛けにしましょう。

大掛かりな治療時で使用する麻酔とは?

インプラントや顎関節症のような大掛かりな歯科治療をする場合に、抜歯が必要なケースがあります。特に長時間の治療となれば、体力面や精神面でも負担が大きく掛かります。各種軽減を図るために、全身麻酔を採用しているケースが多いです。どのような効果があるのか、確認を進めていきましょう。